くりっく365の税金

▼くりっく365は税金が有利

くりっく365と非くりっく365では、税金の仕組みが全く異なります。以下、その特徴をまとめてみました。

◆くりっく365
1.雑所得に区分される
2.申告分離課税方式が適用され、税率が一律20%
3.株式先物や商品先物などとの損益通算、損失を翌年度以降繰り越すことができる
◆非くりっく365
1.雑所得に区分される
2.総合課税方式が適用され、税率は給与所得などと合算して算出。最高税率は50%
3.先物商品との損益通算や、損失繰り越しが一切できない

こうして見ると、くりっく365一番のメリットは、税率が一律20%になることでしょう。

例えば、今年FXで500万円の利益を出したとします(あくまでも例えばですよ、例えば)。そうした場合の税金は、くりっく365採用のFX会社であれば、一律で100万円です(500万円×20%)。

非くりっく365採用のFX会社の場合は、給与所得と合算されます。年収500万円とすると、

「FXでの利益500万円 + 給与所得500万円 = 合計1,000万円」

年収1,000万円の場合の税率は33%のため、330万円が税金となります。くりっく365採用のFX会社と比較すると、その差なんと230万円!FXでの利益だけに限定しても、500万円×33%=165万円となります。これだけ見ても、くりっく365のメリットは十分にあると言えるでしょう。


さらに、損益通算や損失繰り越しができることも見逃せません。
今年は極端な円高が進み、損失を出した人も少なからずいると思います。例えば、今年500万円の損失だったと仮定します。そして翌年500万円の利益を出したとしましょう。

非くりっく365の場合は、今年の損失は損失として計上され、翌年の500万円の利益にはそのまま税金がかかってきます。

一方、くりっく365の場合は、今年の500万円の損失を翌年に繰り越し、翌年の500万円の利益と合算することで、500万円-500万円=0円となり、税金は一切かからなくなります。これで損失も怖くない!?

また、FXだけでなく商品先物をやっている人であれば、そちらの損益と合算することができるので、どちらかで損失を出した場合には、税金を安く抑えることができます。(両方とも利益の場合はその限りではありません)


くりっく365の税金へ
くりっく365のスプレッドへ
くりっく365のスワップポイントへ
くりっく365の変更点へ
くりっく365採用会社の手数料比較

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

人気記事
システムトレードなら
最新記事
ブログランキング
応援お願いします
FXマーケット情報
FX
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

投資生活

Author:投資生活
FXで10万円を3ヶ月で90万円弱まで増やしたのも束の間、同じ期間で同じだけ失って、元の10万円に逆戻り。本気で勉強し直しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
広告スペース
逆アクセスランキング
旬のキーワード
  • seo
キャンペーン
カスタム検索
とれまが
リンク
FX業者の徹底比較サイト!
相互リンクとランキングプラス
FX
外国為替
システムトレード
≪最高6億円くじBIG!≫
スポンサー
RSSリンクの表示
FC2カウンター
お気に入りに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
fx