スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2種類のアメリカドル

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲


アメリカのジャーナリスト、ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガに、興味深い記事がありました。


<引用ここから>
長い間金融を専門職としているかなりのベテランも含めて、米ドルが暴落しない理由がわからないようなので説明します。世界の数カ所に「米ドル印刷機施設」がある。刷られたドルには必ず暗号がついている。その暗号によって国際通貨として認められるドルと、認められないドルが存在する。今まで刷られたドルの70%はアメリカ人以外の人達が所有している。所有者達はそのドルの価値を下げたくない。そのために去年9月以降アメリカが刷ったドルは国際通貨として認めらないことになった。このような理由で米連銀が本来ならハイパーインフレーを起こす量である13兆ドルを2008年9月以降に刷ったがドル安にならない。
<引用ここまで>

13兆ドルというと、1ドル=98円として、1,274兆円!?

1万円札を並べると地球を何周するのか、積み上げると何階建てのビルに相当するのか、想像もつかない程途方もない金額ですね。これだけのお金が市場に出回れば、間違いなくハイパーインフレとなるところですが、ドルは暴落するどころか、堅調に推移してきています。

2008年9月以降に刷られたドルは国際通貨として認められていないとのことですが、手元にドルがないので、その「暗号」がどういったものなのか、確認する術がないですね。

FXをやっている側からすると、これが全世界の一般市民にまで明らかにされた時、どれだけ暴落するのか予想もつかない。おそらく、サブプライムショック以上のものがあると考えられます。それがいつなのか、そしていくら儲けられるのかに頭が行ってしまいますが、それが分かっているので、北米の地域通貨の設定を急いでいるんでしょうね。

【ベンジャミン・フルフォード氏の最近の著作】
アメリカが隠し続ける金融危機の真実アメリカが隠し続ける金融危機の真実
(2008/12/20)
ベンジャミン・フルフォード

商品詳細を見る


ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学ベンジャミン・フルフォードのリアル経済学
(2008/07/10)
ベンジャミン・フルフォード

商品詳細を見る


世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン
(2008/11)
ベンジャミン フルフォード

商品詳細を見る


文庫 暴かれた[9・11疑惑]の真相 (扶桑社文庫) (扶桑社文庫)文庫 暴かれた[9・11疑惑]の真相 (扶桑社文庫) (扶桑社文庫)
(2009/02/26)
ベンジャミン・フルフォード

商品詳細を見る


闇の支配者に握り潰された世界を救う技術(2009/4/23発刊予定)

笑って納得!ベンさんの世界が読めるジョーク集笑って納得!ベンさんの世界が読めるジョーク集
(2008/08)
ベンジャミン 古歩道

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

人気記事
システムトレードなら
最新記事
ブログランキング
応援お願いします
FXマーケット情報
FX
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

投資生活

Author:投資生活
FXで10万円を3ヶ月で90万円弱まで増やしたのも束の間、同じ期間で同じだけ失って、元の10万円に逆戻り。本気で勉強し直しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
広告スペース
逆アクセスランキング
旬のキーワード
  • seo
キャンペーン
カスタム検索
とれまが
リンク
FX業者の徹底比較サイト!
相互リンクとランキングプラス
FX
外国為替
システムトレード
≪最高6億円くじBIG!≫
スポンサー
RSSリンクの表示
FC2カウンター
お気に入りに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。