スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一目均衡表トレード【ドル円・クロス円】

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽ △▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲

【USD/JPY】

長期トレンド 短期トレンド
中心線 バンド幅 遅行線 位置 中心線 バンド幅 遅行線 位置
拡大 -2σ下 平行(下) -1σ下

長期スパンモデル 短期スパンモデル
遅行線 位置 遅行線 位置
陰転 陽転 雲の中 陰転 陰転 陰転

●今週のチャートはこちら
USD/JPYチャート

<保有ポジション>
92.99ショート(7/10約定)

<売買戦略>
昨日は今までの売りが急激だった分の戻りが入り、-2σの上に戻ってきました。陽線ながらも、高値・安値とも切り下げていますので、トレンドは下のままです。91.76ラインへの挑戦はすでに3回目ながら、ブレイク後すぐに戻りました。今日もこのラインのブレイクに挑戦していくと考えられます。

【ブログランキング参加中】
更新の励みになります。1日1クリック、ご協力をお願いします。
FXランキング
FXブログランキング
人気ブログランキングへ

【EUR/JPY】

長期トレンド 短期トレンド
中心線 バンド幅 遅行線 位置 中心線 バンド幅 遅行線 位置
収縮 中心線下 拡大 -1σ下

長期スパンモデル 短期スパンモデル
遅行線 位置 遅行線 位置
陰転 陽転 陰転 陰転 陰転 陰転

●今週のチャートはこちら
EUR/JPYチャート

<保有ポジション>
130.37ショート(7/10約定)

<売買戦略>
昨日は陽線となり、-2σの上に戻ってきました。下ひげが長く、高値切り下げ・安値切り上げといった格好で、非常に小さいながら三角保ち合いを形成しています。 上に行った場合、7/9高値(130.86)を越えればトレンド転換とみて保有ポジションは一端ロスカット。下に行った場合はサポートライン126.88を割り込むかどうかがポイントです。


【GBP/JPY】

長期トレンド 短期トレンド
中心線 バンド幅 遅行線 位置 中心線 バンド幅 遅行線 位置
収縮 中心線上 平行(下) -1σ下

長期スパンモデル 短期スパンモデル
遅行線 位置 遅行線 位置
陰転 陽転 雲の中 陽転 陰転 陰転

●今週のチャートはこちら
GBP/JPYチャート

<保有ポジション>
151.86ショート(7/10約定)

<売買戦略>
-2σラインを挟んだ動きですが、高値は切り下がってきています。 しかし、昨日の安値は147.10と、146.76のサポートラインには届かずに反転してきています。これが先週の下落に対しての調整なのかを見極める必要があります。151.48がレジスタンスですので、ここを越えてくるかどうか、そして下は146.76を割り込むかどうかがポイントで、このレンジでの保ち合いにブレイクした方についていきましょう。


【AUD/JPY】

長期トレンド 短期トレンド
中心線 バンド幅 遅行線 位置 中心線 バンド幅 遅行線 位置
収縮 中心線上 拡大 -1σ下

長期スパンモデル 短期スパンモデル
遅行線 位置 遅行線 位置
陰転 陽転 雲の中 陰転 陽転 雲の中

●今週のチャートはこちら
AUD/JPYチャート

<保有ポジション>
72.78ショート(7/10約定)

<売買戦略>
昨日は陽線をつけたものの、高値・安値ともに切り下げ、安値は7/8安値を下回りましたので、流れは下と見ることができます。74.01~70.51のレンジでの動きとなっていて、このどちらをブレイクしていくかがポイントになってきます。スパンモデルは三役陰転(雲・遅行線・実勢足)となっていますので、売り圧力が強く、現状は下値ブレイクの可能性が高いと言えるでしょう。


【CAD/JPY】

長期トレンド 短期トレンド
中心線 バンド幅 遅行線 位置 中心線 バンド幅 遅行線 位置
収縮 中心線下 収縮 -1σ下

長期スパンモデル 短期スパンモデル
遅行線 位置 遅行線 位置
陰転 陽転 陰転 陰転 陰転 陰転

●今週のチャートはこちら
CAD/JPYチャート

<保有ポジション>
79.99ショート(7/10約定)

<売買戦略>
ボリンジャーバンドが急速に収縮し、下落の勢いは少し弱まったようなチャートです。昨日は、クロス円の中では最も大きな陽線をつけてきたものの、-1σを越えられずに引けています。ショートは週足との方向とも一致しますので、ポジションはこのまま保有。 78.99のレジスタンスラインは、ひげでは何度もブレイクしていますが、いずれも終値ではブレイクすることができていないライン。ここをしっかり抜けて引けるまで予断は禁物です。上値は、82.40がレジスタンスとして機能しています。週足と日足のトレンドが一致していますので、レジスタンスを越えるまでは引っ張ってもよいかもしれません。


【CHF/JPY】

長期トレンド 短期トレンド
中心線 バンド幅 遅行線 位置 中心線 バンド幅 遅行線 位置
収縮 中心線下 平行(下) -1σ下

長期スパンモデル 短期スパンモデル
遅行線 位置 遅行線 位置
陰転 陽転 陰転 陰転 陰転 陰転

●今週のチャートはこちら
CHF/JPYチャート

<保有ポジション>
86.22ショート(7/10約定)

<売買戦略>
高値を切り下げてきたものの、安値は切り上がり、昨日の動きでは方向がつかめません。スパンモデルでは売り優勢のシグナルが強く出ていますので、ポジションはこのまま保有します。 7/8高値(86.51)を越えてくるようならロスカットです。他のクロス円と違い、レジスタンスのブレイクに挑戦していないので、底は堅いような印象を受けます。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽

チャート分析はこちらを利用しています。

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF+印刷版
マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授PDF版
※検証結果及び売買ルールの入手法はこちら
※売買譜と月別成績表はこちら △▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
スポンサーサイト

テーマ : FXでシステムトレード
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : FX システムトレード 一目均衡表

コメントの投稿

非公開コメント

人気記事
システムトレードなら
最新記事
ブログランキング
応援お願いします
FXマーケット情報
FX
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

投資生活

Author:投資生活
FXで10万円を3ヶ月で90万円弱まで増やしたのも束の間、同じ期間で同じだけ失って、元の10万円に逆戻り。本気で勉強し直しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
広告スペース
逆アクセスランキング
旬のキーワード
  • seo
キャンペーン
カスタム検索
とれまが
リンク
FX業者の徹底比較サイト!
相互リンクとランキングプラス
FX
外国為替
システムトレード
≪最高6億円くじBIG!≫
スポンサー
RSSリンクの表示
FC2カウンター
お気に入りに追加
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
fx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。